はじめに

「スロットマシン」を一口で言うと、「コイン作動式のカジノゲーム」となります。
当ゲームの中にはリールマシンをはじめ、ビデオスロットやビデオポーカー、オートルーレットなども含まれます。

そして「スロットマシン」と言えば、通常はリールマシン又はビデオスロットを意味します。
因みに「スロット」は、コインの投入口を意味する言葉です。

今ではオンラインカジノの登場によって、場所を選ばずにスロットマシンを楽しめるようになりました。

当記事では、そんなスロットマシンの発展の経緯を解説します。
併せて、おすすめのビデオスロットも紹介します。

はじめに

バーチャルリールの登場

スロットマシンが目覚ましい発展を遂げたのは、20世紀半ばにカジノマシンの製造が解禁されたことによります。
イリノイ州のゲーム機メーカー「バーリー社」が、従来のスロットマシンにエレクトロメカニカル回路を導入しました。

それによって、大当たりに対する払い出し能力が格段に向上しカジノを席巻します。
同社は「モデル809」で最高5枚のコイン投入を可能にし、「モデル831」で最大3本のペイラインを実現しました。

20世紀後半になると、「バーチャルリール」機能が登場します。
これによって、スロットマシンにおける高額ジャックポットが可能となりました。

バーリー社はその初モデルとして「E-1000」シリーズを開発しています。

ビデオスロットの人気に火が付くまで

現在のカジノのスロットマシン(リールマシン)は、IC基板とステッピングモーターを核に構成されています。
その中にはバーチャルリール機能が組み込まれており、RNG(乱数発生回路)によってリール上のシンボルが電子的に決定されます。

ステッピングモーターはシンボルを所定の位置に停止させる機構で、リールマシンの要ともなる部分です。
現在のビデオスロットの動作原理も、現在のリールマシンと殆ど同じになっています。

但し、ビデオスロットが登場した1970年代後半では、リールマシンに大きく後れを取っていました。
それが2000年代後半になり、ビデオスロットのコンピューター技術が格段にアップします。
グラフィック技術の向上やボーナスゲーム機能等により、ビデオスロットは一気に人気に火が付きます。

ビデオスロットの人気に火が付くまで

プログレッシブジャックポット

スロットマシンの醍醐味として、「プログレッシブジャックポット」が挙げられます。
これは賭金の一定割合を蓄えることで、賞金の配当額を加算する機構です。

この機構は既に1960年代に登場しており、カジノ等のリールマシンに導入されています。
最初はマシン単体で賞金が積み上がる「スタンドアロン」で、次に同一カジノ内同種マシンで共有される「リンクド・プログレッシブ」が登場しました。

そして「ワイドエリア・プログレッシブ」の誕生により、複数のカジノを跨ぐ同種マシンでの共有が実現されます。
同プログレッシブを可能にしたのは、バーチャルリールとステッピングモーターの導入です。

そして、オンラインカジノのビデオスロットは、ワイドエリア・プログレッシブとの親和性が高くなっています。

RUBY HUNTER(ルビーハンター)

「ルビーハンター」はKARANBA GAMES(カラン場ゲームズ)のビデオスロットで、6リール3?5列の変則的なレイアウトとなっています。
フリースピンやスピンフューチャー、そしてジャックポットまで備えた贅沢なスロットマシンです。

それゆえ、オンラインカジノでは幅広いプレイヤーに人気になっています。
当スロットでは、ボーナスシンボルが3つ以上出現するとボーナスモードに突入します。

ボーナスモードで獲得できるスピンは、シンボルの数によって8?20回となっています。
当モード中に「JACKPOT」が3つ以上出るとリスピンされ、トリガー(固定)された数によって配当が決まります。

加えて、ルビーハンターではフリースピンの購入が可能です。
それによって、チャンスを最大限に活かせるわけです。

Vikings(ヴァイキングス)

「ヴァイキングス」は海外ドラマ「ヴァイキング・海の覇者たち」とタイアップしたビデオスロットです。
グラフィックやサウンドもドラマのもので、ゲームとストーリーの両方を楽しめます。

当スロットマシンは5リール3列の構成で、オンラインカジノの中では定番のレイアウトです。
ヴァイキングはストーリー仕立てになっており、物語的に楽しみたい人にもおすすめです。

当機種では、プレイヤーが船乗りとなってヴァイキングのグループに加わります。
そして、敵と戦いながら賞金を稼ぐという筋立てです。

当スロットでは、中央のリールがハイライトされた際にホットスポットとなります。
この時にシンボルが揃うと、他のリールも同じシンボルに変わって高額配当を獲得できます。

まとめ

まとめ

スロットマシンは、20世紀に入って目覚まし発展を遂げました。
その原動力となったのが、バーチャルリールとステッピングモーターの開発です。

それによって、ワイルドエリア・プログレッシブが実現します。
それが、カジノゲームにおけるスロットマシンの地位を不動のものにしたわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です