投稿日:

マーチンゲール法のメリットとデメリット

マーチンゲール法は、あらゆるギャンブルに使用できる有名なベットシステムです。
「倍賭け法」とも言われ、その名の通り勝つまで賭け金を倍々に増やしていくシンプルな賭け方なので、初心者の人でもすぐに実践できます。
何連敗しても、最後に1勝すれば必ず利益が出るため理論上は必勝法なのですが、オンラインカジノで使う場合には様々な問題が生じてきます。
ここでは、マーチンゲール法の賭け方やメリット、デメリットなどについて分かりやすく説明します。

マーチンゲール法のメリットとデメリット

マーチンゲール法の賭け方

マーチンゲール法は、勝率約50%で配当が2倍のゲームに有効です。
オンラインカジノでは、バカラ、ブラックジャック、ルーレットの赤黒、奇数偶数、大小、シックボーなどに使えます。
マーチンゲール法の賭け方は以下の通りです。

最初に1単位あたりの賭け金を決めます。
1ゲーム目は、1単位を賭けます。
勝ったら次ゲームも1単位を賭け、負けるまで続けます。
負けた場合は、次ゲームで2単位を賭けます。

以降は、勝つまで単位を2→4→8→16→32→64→128→256と2倍ずつ上げていき、勝ったら最初の1単位に戻ります。
このような流れを繰り返して、コツコツと利益を上げて行くのがマーチンゲール法の概要です。
2倍配当だと、どこで勝っても必ず最初の1単位分の利益が出ます。

マーチンゲール法のメリット

マーチンゲール法のメリット

マーチンゲール法は、勝率5割以下でも成功すれば必ず利益が出るのがメリットです。
連勝中は1単位ずつしか資金は増えないものの、ある程度まとまった資金を用意すると、着実に残高が増えていきます。
勝率5割のゲームを行った場合、1勝1敗のように穏やかな波を描く展開は少なく、5連敗程度の下振れは普通にやってきます。
そのような展開になっても、マーチンゲール法が成功すれば、1勝しただけで利益が出るのです。
また、賭け金の計算も2倍にしていくだけですから、複雑な計算式などは必要ありません。
勝率5割以下で利益が出る賭け方で有名なものに、モンテカルロ法があります。

モンテカルロ法はマーチンゲール法と比較すると、賭け金の計算が若干面倒なため間違いやすく、賭け方を覚えるために練習する手間がかかります。
その点、すぐに賭け方を覚えられるマーチンゲール法は、外出先でスマホなどから手軽に行える点もメリットといえるでしょう。

マーチンゲール法のデメリット

続いてマーチンゲール法のデメリットですが、連敗が続くと途中から賭け金が急激に跳ね上がる点が挙げられます。
連敗時の賭け金の増加を見てみましょう。
1→2→4→8→16→32→64→128→256→512→1024
最初は少しずつしか上がりませんが、100単位を超えるとあっという間に1000単位へ到達してしまいます。
1単位を1ドルとしていても、1000ドル以上もの損失がでます。

もっと効率よく稼ぎたい!と1単位の金額を上げれば、さらに早いペースで損失が膨らみます。
また、オンラインカジノにはテーブルリミットいうものがありますから、豊富な資金を持っていたとしても途中で賭け金の上限に引っかかる可能性も考えなければいけません。

例えば、テーブルリミットが2000ドルだと仮定します。
上記の例では、1024単位の次は2048単位ですが、テーブルリミットがあるので賭けることができず、この時点で負けが確定してしまいます。
マーチンゲール法は、勝っても1単位ずつしか資金が増えませんから、1度大負けすると負けを取り返すのに膨大な時間がかかるのも弱点です。

マーチンゲール法を実戦で使うコツ

マーチンゲール法を実戦で使うコツ

マーチンゲール法のメリットとデメリットを踏まえた上のおすすめな使い方は、回数限定で使用するという方法です。
デメリットでは最悪の展開を説明しましたが、毎回そのような連敗が続くわけではありません。
むしろ、どんなに連敗しても3~5連敗程度で収まる方が多いです。

したがって、「マーチンゲール法は3回(4回、5回でも可)まで行い、負けたら損切りする。」
といった方法をおすすめします。
たとえば5連敗すると、1+2+4+8+16=31単位の損失ですが、これぐらいならプラマイゼロまで取り戻すのにそれほど時間はかかりません。
また、バカラやルーレットなどで片方に出目が続いたときに「そろそろ逆が出るだろう。」とムキになっての逆張りにも注意してください。
理論上は、片方が何連勝しようが次に出る出目の確率は50%ですが、カジノでは一方的に出目が偏ることが多いので、そこで捕まると一気に破産してしまいます。

まとめ

マーチンゲール法は、コツコツと利益を積み重ねていきたい人におすすめのベットシステムです。
覚えるのも簡単で、セットの勝率が高いのも魅力的。
ただし、1度でも大きな連敗があると、それまでの利益を吹っ飛ばしてしまうリスクがあることを忘れないようにしてください。
実戦でマーチンゲール法を使うときには、試行回数を限定したり、勝ち逃げする利益額を予め設定するようにして上手に使いましょう。